子供が熱を出して熱性けいれんに!

1歳2ヶ月の子供が38度の熱を出したので病院にいきました。

 

子供の発熱はよくあることだし、すぐによくなることもあるので、病院に行くかどうか迷いましたが、いつもよりだるそうにしていたので病院に連れて行くことにしました。

 

病院でも風邪だと言われて、熱が上がりすぎたときに使うようにと解熱剤を処方してもらいました。

 

そして、薬局で薬の順番待ちをしているときに、突然子供の様子がおかしくなりました。

 

手足をビクビクさせて、目つきもおかしい。
え?と思っていると「キャー!」と叫んで意識を失って唇真っ青!
やばい!と思って、今出てきた病院に駆け込みました。

 

病院で処置をしてもらってすぐによくなりましたが、めちゃめちゃ焦りました。
熱性けいれんはほとんどが心配の無いものらしいでですが、その症状に親がびっくりしてしまいます。

 

もし、子供が熱性けいれんになったときは落ち着いてゆっくり横にして、けいれんの治まる間での時間を計って、心配ならばそれから病院に連絡すればよいようです。

 

突然のことにあわてない為に、対処法を事前に知っておくことが大切だと思いました。